タジマのTガイドとシンワのTスライドどちらのメーカーの丸のこガイドがおすすめでしょうか?

スポンサードリンク

丸のこガイドとして販売されているタジマのTガイドとシンワのTスライド。作業上、丸のこガイドを必要とする業種の大工さんやサイディング職人さん等が使用している丸のこガイドの多くはどちらかを利用されているかと思います。

 

これから必要になる方も含めて、どちらのメーカーの丸のこガイドの方がおすすめなのでしょうか?

 

シンワのTスライドの方が売れている理由

 

個人的なおすすめとしてはタジマのTガイドをおすすめしています。その最大の理由はデザイン性とシンプルさです。

 

タジマのTガイドとシンワのTスライドの両方を比較した時に同じサイズであればタジマのTガイドの方がよりコンパクトでデザイン性もかっこよく出来ています。

 

しかし現実に戻してみるとタジマのTガイドよりもシンワのTスライドの方が売れているようです。

 

なぜか?

 

最大の理由はいたってシンプルで値段の問題です。

 

同じサイズの丸のこガイドを購入しようと思った時にシンワのTスライドの方がタジマのTガイドに比べて圧倒的に安いです。

 

なぜこのような事になったかと言うと、従来の丸のこガイドの進化系としてシンワのTスライドが発売されました。その後にタジマのTガイドが追いかけるように発売されました。

 

発売当初はタジマのTガイドが後発なのでシンワのTスライドとほとんど変わらない価格で発売しだしたのですが、ここ数年によるタジマの製品価格の改定でタジマのTガイドはめちゃくちゃ高くなってしまいました。

 

結果的にシンワのTスライドがめちゃめちゃ安いわけではないのですが、タジマのTガイドがめちゃめちゃ高くなってしまったのでシンワのTスライドが安い丸のこガイドになって売れています。

 

タジマのTガイド、シンワのTスライド、丸のこガイドの性能

 

タジマのTガイドにしてもシンワのTスライドにしても従来からある丸のこガイドに比べればかなり進化させています。

 

踏んづけてしまったり、歪んでしまう事が無いように本体自体の強度をかなり強くしてあります。

 

突き当て部分の金具に関しても従来品は簡単に取れてしまって気が付いたら既に無いなんて事がよくあったのですが、タジマのTガイド、シンワのTスライドともにこの点も強化されています。

 

丸のこガイドの使いやすさをより引き出すために突き当て部分のスライドが出来るようになった部分もタジマ、シンワ共に改善されています。

 

なので性能的な部分や使いやすさの部分で言えばタジマのTガイドもシンワのTスライドもどちらもそこまでの違いは無いかと思います。

 

丸のこガイドの場合は電動工具やエア工具と違って壊れたら修理するのが当たり前という工具でも無く歪みが出たり壊れてしまったら新品に買い替えるという商品ですから価格の高いタジマのTガイドよりもシンワのTスライドの方が安くて売れているというのは納得できますよね。

 

ただ、持っている工具のデザイン性を重視するのであればタジマのTガイドはおすすめです。

 

キャプチャ1
引用元:タジマ 製品特徴
http://tajimatool.imagestore.jp/contents/thum.php?pf,5097


引用元:you tube
https://www.youtube.com/watch?v=HsbTzTEgUS4

 

最終的にはそれぞれの好みの部分になるんですけどね。ネット上で安く販売しているサイトがありますので参考にされたい方は是非参考にしてみてください。

 

*参考
タジマ Tガイド HD910マグネシウム TG-HD910M(3尺)

 

【シンワ測定】丸のこガイド定規 Tスライド2 《 73712 》 30cm併用目盛 突き当て可動式 シンワ 丸のこ 定規 73712 shinwa

 

まとめ

 

大工さん、サイディング職人さんであれば必ずと言って良いほど持っている丸のこガイド。タジマ、シンワのどちらがおすすめかは最終的には特別な違いは無いので各個人個人の好みになってしまいますが、シンワのTスライドの方がタジマのTガイドよりも売れているというのは事実なのでその点も含めて選んでみてください。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。