フローリングの施工方法で作業効率アップ!?大工さんにおすすめなサン技研のフローリング・ヒット!!

フローリング 施工方法 スポンサードリンク

こんにちは。サボるの大好き!?現場管理者のハマゾーです。住宅一軒の施工と言えば最初から最後まで数えると何ヶ月も日数を要する工事になります。その何ヶ月もの間に最も施工日数を要するのが大工仕事になるかと思います。何ヶ月も掛けて作業する大工仕事が1日でも早く終わる、作業日数を短縮することができれば現場で作業する日数を減らすだけでなく、1日あたりの日当を増やすことに繋がってきますよね。

 

いくつかの大工工事の中で大工さんの腕の見せ所のひとつとしてフローリング施工がありますよね。住宅の各部屋には、必ず床が存在していますし、現在の新築において、ほとんどの部屋がフローリングの床になっているかと思います。このフローリング施工が下手であれば床なりの原因になりますし、かといって時間を掛ければ良いというものでもありません。

 

フローリング施工に時間を掛ければ大工作業の日数は伸びてしまいます。いかに短期間で綺麗にフローリングを施工するかが現在の大工さんの腕の見せ所のひとつだと思います。しかし、否定するわけではありませんが、各大工さんでもいろんな方がいらっしゃいます。手際よく簡単に施工を完了してしまう大工さんもいればフローリング施工に毎回、かなりの時間を要してしまう大工さんもいらっしゃいますよね。

 

しかも時間を掛けてしまっている大工さんに限って床なりをさせてしまうというケースが多々あるかと思います。もちろん人間ですから得手不得手があるのはわかります。中には大工仕事のほとんどは得意だけどフローリング施工だけは苦手という方もいらっしゃるのではないでしょうか!?

 

実際、フローリング施工は大まかな部分はそれほど難しくはありませんが、壁際の部分なんかは結構面倒ですよね。最後の貼り仕舞いは床のサイズに合わせてカットする必要がありますし、またカットした後にフローリングを貼るのも一苦労ですよね。無駄に隙間が空いたり、せっかくカットしたフローリングを床にハメ込む時に叩いて傷をつけてしまったり厄介な作業ですよね。

 

そんな大工さんにとって重要な作業のひとつであるフローリングの施工を簡単にできて、これまでよりも作業効率が上げれたら良いと思いませんか!?仮に工具を買うのに費用が掛かったとしても1日でも作業を短縮できれば日当1万〜2万円くらいが浮いてきますので魅力的だとは思いませんか!?

 

今回は、個人的におすすめな大工さんのフローリング施工を助けてくれる工具をちょっとだけ紹介したいと思います。それがサン技研から販売されているフローリング・ヒットという工具です。実際に使っている大工さんからは、良い評判しか聞きません。もちろん作業が上手な大工さんで「こんなもの必要ない!」という声があるのは当然です。

 

しかし、フローリング施工が苦手という大工さんであれば、フローリング・ヒットをひとつ持っていれば、かなり心強い味方になってくれるのではないでしょうか?では、ちょっとだけサン技研のフローリング・ヒットについてご紹介したいと思います。

 

サン技研のフローリング・ヒットとは!?

 

サン技研 フローリング・ヒット

 

大工さんがおこなうフローリング施工で支障をきたすのは、ほとんどが壁際です。

 

「壁際でフローリングを痛めずにバールのようなものを差し込んで寄せたい。」

 

「壁際でフローリングを痛めずに爪のようなものを差し込んで叩いて寄せたい。」

 

「フローリングをしっかりと叩き寄せしたい。」

 

といった声は数多く聞こえてきます。こういったお悩みを解消してくれるのがサン技研のフローリング・ヒットになります。

 

一般的な大工さんなのであれば、使い方も困ることはありません。使い方は非常にシンプルです。角を支点にして叩き入れたり、フローリングのサネに爪を引っ掛けてフローリング・ヒットを叩いて「叩き寄せ」したり、爪を食い込ませて壁際の貼り仕舞いを簡単に行うことができます。

 

使い方はシンプルなのですが、実際に使ってみると分かると思いますが、従来のフローリング施工では、やりづらかった部分がやりやすくなるような、痒い所に手が届くような工具になっています。大きさもちょうどいいサイズで価格もそれほど高くはないのでフローリング施工に困っている大工さんがいらっしゃるのであれば是非騙されたと思って使ってみてください。

 

インターネット上で良心的な価格で販売しているサイトがありましたので参考にしてみたい方は是非参考にしてみてください。

 

*参考
3技研 フローリング・ヒット リバーサル 3T-FH-500R サン技研 大工道具 フロア フローリング フロア工具 フロア材 フローリング寄せ スライドハンマー フローリングヒット

 

まとめ

 

あまり個人的には嬉しくないのですが、現在の建築現場は、時間を掛けて良いものをじっくりと作っていくという時代ではなく、いかに早く、いかに最低限の正確な作業ができるかという点がフォーカスされがちです。大工さんに支払われる日当も短い工期をベースにした日当でしか支払われないので、時間を掛けた作業はどんどんできなくなってきています。

 

だからこそ、自分の手作業では限界があるものを大工道具や作業工具で補って作業効率を上げていく必要が現在の建築現場では必要なのではないかと思います。「良い大工さんは、良い道具を持っている」とも言われたりしますのでフローリングの施工方法で悩んでいるのであれば、是非サン技研のフローリング・ヒットを使ってみてください。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です