巻尺の選び方は?

スポンサードリンク

土地の長さの測定やかなり長い長さを計測、測定する為に使用する道具で巻尺があります。巻尺にも押えておきたいポイントがあります。

 

*参考
エンジニア スーパー はや巻 タジマ 測定具 長尺もの巻尺HSP3−30【代引き不可】エンジニア …

 

巻尺の測定するテープ部分の材質には鋼板製のものとガラス繊維製のものと大きく分けて2種類存在します。なにがどう違うのかというと

 

鋼板製タイプの巻尺は書いて字のごとく鋼板で出来ているので温度の変化等によるテープの伸縮がありません。その為、より正確な測定を行なう事ができます。ただし鋼板製の為テープ自体が硬いので踏んづけてしまったり、折ってしまったり、サビてしまったりと壊れるリスクも高いです。

 

ガラス繊維テープの巻尺は、鋼板製テープの巻尺の逆です。温度の変化等によってテープ自体が伸縮するので測定する際に若干の誤差が出る事があります。ただしテープ自体が軟らかいので折れてしまったりする事が無いので踏んづけても大丈夫ですし、鋼板製でもないので錆びる事もありません。

 

以上の特徴を踏まえてどちらが良いですか?という話しになります。職業柄、巻尺で測定するという作業の重要度が変わってくるのでより正確な数値が必要な場合は鋼板製テープ、重要度が低くそんなに巻尺を使用しないので長持ちして欲しいという場合にはガラス繊維テープという選び方になってきます。

 

鋼板製とガラス繊維テープの両方の良い部分を兼ね備えた巻尺は存在しません。参考にしてみてください。

 

*参考
エンジニア スーパー はや巻 タジマ 測定具 長尺もの巻尺HSP3−30【代引き不可】エンジニア …

 

巻尺は作業効率を上げる為に、早く巻き取れるという部分も重要な要素にはなるかと思います。個人的なおすすめはタジマの巻尺が扱いやすくて一番良いと思います。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。