マキタの新製品の充電式インパクトドライバはおすすめできるのか?

スポンサードリンク

マキタから充電式インパクトドライバの新製品が発売されました。日立やMAXからは新しい充電式インパクトドライバがなかなか発売されないのでマキタの充電式インパクトドライバの新製品の回転の早さが覗えます。

 

マキタの新製品、充電式インパクトドライバの機能

 

楽らくモード

 

まず大きく変わった機能として「楽らくモード」なるものが新たに追加されました。

 

これまでの最速モードや強モード、中モード、弱モード、テクスモードといった5モードに加えて「楽らくモード」が追加されて6モードになっています。

 

表面的なカタログ上のうたい文句は最初の締め始めはゆっくり締め出して途中から自動変換で最速モードに切り替わるという優れもので熟練の技がこのボタンひとつで可能になったと記されています。

 

確かに優れた機能なので日頃からインパクトドライバに慣れていない方やこれからインパクトドライバを使っていくという方であれば非常にありがたい機能なのですが、日頃からインパクトドライバを使い続けている大工さんや職人さんからすれば全く必要の無い機能になっています。

 

充電バッテリーの変更

 

今回の充電式インパクトドライバ発売に合わせてマキタの充電バッテリー自体も大きく変更になっています。

 

残容量表示

 

充電バッテリー本体の後方にバッテリーの残量がどれだけ残っているのかという目盛が新たに付きました。この目盛を見ることによってどのタイミングで充電するか充電が必要なのか必要じゃないのかがわかるようになっています。

 

ただし、この目盛はあくまで目安なので正確なバッテリー残量が一目で分かるわけではないのでこの点はご理解が必要です。

 

自己故障診断

 

さきほどの充電バッテリー残量を知らせる目盛にボタンが付いていますので、このボタンを押した時に2つの目盛が交互に点滅した時は充電バッテリーの故障のお知らせです。

 

これも最終的に壊れているか、復旧出来るかの判断はご自身で判断せずにマキタの営業所でおこなえるリフレッシュ等の措置をしてみるか等しっかりと確認してもらって故障の判断をしたほうが良いかと思います。

 

充電バッテリーのラインナップは絞られました

 

今回の充電式インパクトドライバのセットには14.4Vと18Vの中で3.0Ahと6.0Ahしか選択肢が無くなりました。

 

現時点の最低アンペアと最大アンペアを残した形になっています。4.0Ahと5.0Ahに関しては今後廃盤商品になっていく事が予想されます。

 

ただ今回の新しい充電式インパクトドライバでも4.0Ahと5.0Ahの充電バッテリーは使用できますのでご安心ください。

 

充電器をケースに入れたままで充電可能に

 

ちょっとした新たな変更点で充電器を充電式インパクトドライバのケースの中に入れたままでの充電が可能になっています。

 

これは日頃からの使い方にもよりますが、ケースと充電器を別々の所に置く必要性がなくなるのでこの改善は大半の方はちょっとうれしい部分なのではないかと思います。

 

充電式インパクト本体のサイズや形もちょっと新しく

 

充電式インパクトドライバ本体のサイズも若干ですがコンパクトに変更されています。さらにバランス調整されて充電式インパクトドライバを下向きに使用した際に重たいバッテリー側が下がらないようなバランス調整がなされています。

 

ライトはLEDライトに変更

 

充電式インパクトドライバの手元に付いているライトも従来のものからLEDライトに変更されています。これはLEDライトなのでかなり明るく変更されています。

 

*参考
インパクトドライバ / インパクトドライバー【マキタ TD170DRGX】充電式18V 6.0Ahリチウムイオン バッテリ×2個 充電器 ケース付き残容量表示 自己故障診断 機能をダブルで新搭載

 

総評

 

今回のマキタの充電式インパクトドライバは、これまでの充電式インパクトドライバの新製品発売に比べてかなり多くの変更、改善点がなされている充電式インパクトドライバではないかと思います。

 

個人的な感想としてはマキタがこういうものを作りたいというよりも数多くのユーザーがマキタの充電式インパクトドライバが使いやすいと言えるような対応、改善が成されているなと感じました。

 

ただし、充電工具は充電式インパクトドライバ以外の製品でも充電バッテリーを使いまわすので充電式ピンタッカや充電式タッカがMAXのものよりも良くならないとMAXの充電工具を数多く使用されている大工さんの市場には食い込めないようにも感じます。

 

今回のマキタの新製品、充電式インパクトドライバは玄人向けの新製品というよりは充電式インパクトドライバの販路を広げるような改善になったのではないかなと思います。

 

スポンサードリンク

3 thoughts on “マキタの新製品の充電式インパクトドライバはおすすめできるのか?

  1. マキタの最新充電式タッカーとマックスの充電式タッカーはどちらが優れていますか?

    1. すみません。勉強不足でマキタの最新の充電式タッカの情報がまだ乏しい状態です。

      噂によるとマキタの展示会等で大工さんにデモ機を使ってもらうとマックスの充電タッカより良いという反応にはならないけど、以前までのダメな充電タッカに比べればかなり良くなったみたいで「これで同等に近い感じで勝負できるんじゃない!?」というような反応が多いみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。