サイディングの穴を空ける工具のひとつジグソー

スポンサードリンク

サイディングの穴あけのみならず建築資材等の部材を曲線的にカットする電動工具にジグソーという建築道具が存在します。

 

*参考
★送料無料★makita【マキタ】ジグソー《JV0600K》Bタイプブレード使用

 

通常のミシンの針の部分を建築資材をカットする為のブレードに変えたような建築道具で、もっとも有名なジグソーはボッシュ(BOSCH)のジグソーではないでしょうか。

 

当然マキタや日立からも同様なジグソーが販売されていて、最近では日曜大工をする一般向けにホームセンターオリジナル仕様の価格の安いジグソーなんかも売られています。

 

サイディングに穴を空ける際にジグソーは一般的に使用されるケースが多いですが、サイディング自体が硬質な建築資材なので、ある程度しっかりとしたジグソーを選んで使用しなければすぐにジグソーが壊れてしまいます。

 

更にジグソーに存在するオービタル機能が付いていないとサイディング職人さんのように早い作業についていけません。

 

オービタル機能とは通常のジグソーのブレードの動きは上下のみの動きしかなかったものをプラス前後の動きを加える事によってブレードの動きが楕円形を描くような動きになります。楕円形の動きをする事によってのこぎりで木材を切るような働きになりブレードをしゃくり上げる事によって部材を早く切る事が出来ます。

 

日曜大工向けの価格の安いホームセンター仕様のジグソーは、価格が安いだけあってジグソーの中のモーター等が安い作りになっているので、ほとんどがサイディングの穴あけに使用するとあっという間にモーターが焼けてしまい壊れてしまいます。

 

*参考
★送料無料★makita【マキタ】ジグソー《JV0600K》Bタイプブレード使用

 

ジグソーは使用者には見えない部分のジグソー内部にコストが掛かっているか掛かっていないかが大きく分かれています。

 

ジグソーで硬質の部材をカットする等の特にパワーを要する場合には出来る限り高めの高性能なジグソーを購入する事をおすすめします。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。