建築に風水を活用できる魯班尺(ろはんじゃく)の使い方

スポンサードリンク

魯班尺(ろはんじゃく)という言葉を聞いた事がありますでしょうか?

 

*参考
<国際・風水協会認定品>寸法の吉凶を手軽に測ることができます。◆改運◆風水メジャー 5m【P…

 

知っている人は知っている、知らない人には全くと言っていいほど関連しない言葉だと思います。

 

風水の為のスケール、魯班尺(ろはんじゃく)

 

約2500年前の中国で孔子と同時代に建築業の達人と言われた魯班によって考案されたものが魯班尺(ろはんじゃく)で、魯班尺(ろはんじゃく)は風水理論に基づき吉凶の寸法を測ることができるものです。

 

中国では特に門の寸法の吉凶を決める為に魯班尺(ろはんじゃく)が用いられていました。

 

風水において正確な方位を測るのが羅経盤で長さを測るのが魯班尺(ろはんじゃく)です。

 

魯班尺(ろはんじゃく)の使い方は簡単でスケールに尺目、センチ目、門公尺、丁蘭尺が書いてあって色別に赤色は吉、黒は凶を表します。

 

具体的に何が何の吉か凶かについてはネットショップやスケール自体にも参考資料が同封されています。どのようなものか参考にされたいかたは是非参考にしてみてください。

 

*参考
<国際・風水協会認定品>寸法の吉凶を手軽に測ることができます。◆改運◆風水メジャー 5m【P…

 

日本人は、占いや風水といったまじない関係が大好きです。特に女性の方は、「ゲンを担ぐ」、「運勢を良くする」といった事が好きな人はとことんこだわったりします。

 

お施主様の中にも風水を重要視される方がおられると思います。そんな時に魯班尺(ろはんじゃく)の出番がくるかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。