今、大工さんに大人気の2連はしごとは

スポンサードリンク

現在の建築現場の現状として特に気になるのが大工さんの日当、手間代が確実に下がっている事です。数年前、10数年前のように家がポンポコポンポコ建つ時代では無くなっているので元請のハウスメーカーや工務店が必要最低限の利益を会社に入れる為に、まず真っ先に仕入れや経費として切られるのが大工さんの手間になってしまいます。

 

*参考
【送り先法人様名義のみ販売可】【直送品】ハセガワ 長谷川工業 2連はしご LQ2-40 15850

 

大工さんの手間代が下がれば会社としても大きな経費削減になりますし大工さんとしても元請が潰れてしまえば元も子もないので致し方ないというのが現状なのではないでしょうか。

 

その為に、以前であれば大工のみなさんがこぞってハイエースに乗りたがっていたものですが、今は狭小現場が増えた事や手間代が下がって車の維持費も馬鹿にならないといった部分から軽自動車に乗る大工さんが増えてきています。

 

時代の流れというのもあるのでしょうが、当然軽自動車にすれば車に載せる大工道具は限られてきますし、なにより住宅の建築現場で階段を作る前に1階と2階を上り下りするはしごが積めない事が大きな問題点になります。

 

その点は、はしごメーカーも敏感に感じ取ったのでしょう。今まで無かった軽自動車でも積めるはしごが登場しました。長谷川工業(ハセガワ)のLQ2です。

 

長谷川工業(ハセガワ)の2連はしご、LQ2は2種類あるのですが、最大の売りは縮めた時の寸法が1.98mのタイプと2.29mのタイプの2パターンでどちらも2m前後の寸法なので現場に持っていく時にジャマになりません。

 

更に伸ばした時には最大で3.40mと4.02mになるので住宅の建築現場の階段代わりにはもってこいです。

 

この事が大工さんにウケて今、大人気商品になっています。価格もはしごにしてはお手頃なので大工のみなさんも必要経費だからという感覚で思い切って購入できるみたいです。

 

*参考
【送り先法人様名義のみ販売可】【直送品】ハセガワ 長谷川工業 2連はしご LQ2-40 15850

 

時代は常に流れているので現代の流行やスタンダードは常に変わり続けています。大工さんが使用する車やはしごに関しても同じ事が言えるような気がします。はしごひとつで作業効率や持ち運びの利便性が上がるのであればこの上ないメリットになるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。